So-net無料ブログ作成
検索選択
格安スマホ 2017 フリー ブログトップ

格安スマホ 2017 安い [格安スマホ 2017 フリー]

格安スマホはミドルレンジの機種でも30000円台で買えるのが嬉しいです。

今はドコモでも30000円台の端末も1機種発売されてますが
格安スマホの場合は10機種以上のラインナップ☆

安くても性能が悪いわけではないし
LINEと通話・ネットくらいしかしないなら格安スマホで必要十分です。

ちなみにおすすめはこれ
  ↓



サクサク操作が触ってて嬉しくなります☆


格安スマホ SIMカード サイズ [格安スマホ 2017 フリー]

格安スマホにするためには格安SIMの申込が必須。

申込時にSIMカードのサイズを選択しますが
自分の使っているスマホがどのサイズかを確認してから申込するのをおすすめします。

間違えて一番小さなサイズのnanoSIMカードを申し込んでしまっても
Amazonや楽天で販売しているSIMカードアダプタを購入すればサイズ変更が自分で可能です。

逆に大きなサイズを申し込んでしまった場合は
格安SIM事業者にSIMカードの再発行を依頼する必要があります。
その際は再発行手数料をして2000円かかります。

自分の使っているスマホのSIMカードサイズはSIMカードトレイを引き出せば確認が出来ますし
説明書でも確認が可能です。



SIMフリー端末のZenFone Goが激安です。 [格安スマホ 2017 フリー]

SIMフリースマホで人気急上昇中のZenFone Goが

楽天モバイルでなんと7800円で販売されてます。

この価格はセール中だけの価格なので

ZenFone Goを狙ってる方はお早めに。
      ↓
楽天でんわ\/楽天モバイル



2016年の格安スマホ・格安SIMは通話料無料がスタンダード!? [格安スマホ 2017 フリー]

今年になってから各格安SIM事業者から通話料無料や

通話料込みのプランが登場してきました。


これならカケホーダイみたいに通話料完全無料になるのも夢じゃないかもね?


格安スマホ 2016 フリー [格安スマホ 2017 フリー]

格安スマホをおとくに使うにはSIMフリー端末を使うのも有効ですが

中古端末を使うのも一つの手です。


UQmobile(ユーキューモバイル)以外の格安SIM事業者(MVNO事業者)は

全てドコモ回線を借り受けての格安SIM事業を行っているので

ドコモのスマホならSIMロック解除せずに使用することが出来るんです。



ドコモのISPであるSPモードが使えないのでインターネット接続設定(APN設定)は

自分で行う必要がありますが初心者でも説明書を読めばすぐに設定できますし

それでも分からない方向けに各MVNO事業者は設定用のアプリも配布しているので

使い始めで戸惑うことはありません。


これならスマホの設定が不安な方でも安心して格安スマホに乗り換えられますね。


格安スマホ 2017 フリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。