So-net無料ブログ作成

格安スマホ 2016 大手 [格安スマホ 2017 大手]

大手の格安スマホ事業者は借り受けている回線の太さ(通信速度の安定性)が違うので

同じドコモ回線を借り受けて通信サービスを提供しているMVNO事業者によって快適さが違ってきます。


太い回線であれば一度に多数のユーザーが通信をしても速度遅延もなく快適に通信が出来ます。

逆に高速通信を売りにしていても回線が細ければユーザー数が増加した時に

なかなか速度が出ずにストレスがたまってしまいます。



大手の格安スマホ事業者はIIJmioやNifMo・OCNモバイルONE等が筆頭に上がってきます。

OCNは夏頃まではユーザー数の増加に対して回線が細かったのですが

回線増強を行って今は快適に通信が出来るようです。

それに伴ってユーザー数も増えてきています。

格安スマホ 2016 ランキング [格安スマホ 2017 ランキング]

格安スマホで一番ユーザー数が多いのはどこか気になりません?

それはNTTコミュニケーションズが運営しているOCNモバイルONEです。

マツコデラックスのCMでもおなじみですよね。


夏くらいまではユーザー激増で回線がパンク気味で通信速度が出なくて不評でしたが

秋からは回線数を増やして快適な通信速度に戻ったようです。



格安スマホセットの購入は若干他のMVNO事業者より

手間がかかりますが大手の安心感を重要視する方にはおすすめの格安SIM事業者です。


ほかのおすすめMVNO事業者はIIJmioのみおふぉんです。

インターネットイニシアティブが運営しているネットワーク品質が非常に評判の良い会社です。

ファミリーシェアプランで10GBを三枚のSIMカードでシェアできるのがポイント。

家族みんなで格安スマホにしたい方にはピッタリですよ。



格安スマホ 2016 フリー [格安スマホ 2017 フリー]

格安スマホをおとくに使うにはSIMフリー端末を使うのも有効ですが

中古端末を使うのも一つの手です。


UQmobile(ユーキューモバイル)以外の格安SIM事業者(MVNO事業者)は

全てドコモ回線を借り受けての格安SIM事業を行っているので

ドコモのスマホならSIMロック解除せずに使用することが出来るんです。



ドコモのISPであるSPモードが使えないのでインターネット接続設定(APN設定)は

自分で行う必要がありますが初心者でも説明書を読めばすぐに設定できますし

それでも分からない方向けに各MVNO事業者は設定用のアプリも配布しているので

使い始めで戸惑うことはありません。


これならスマホの設定が不安な方でも安心して格安スマホに乗り換えられますね。


格安スマホ 2016 キャリア [格安スマホ 2017 キャリア]

格安スマホの通信網は大手キャリアの回線を使っているので通信安定性は問題ありませんが

MVNO事業者によっては回線速度の違いがあります。


MVNO事業者は通信事業者(ドコモやau)から通信回線を借り受けて通信サービスを提供していますが

そのために回線使用料を支払っています。

その金額によって通信回線の太さが違ってくるのでどの格安SIMを選ぶかによって通信の快適さが変わってきます。


ココでおすすめしたいのはIIJmioのみおふぉんやDMMmobileです。

DMMmobileはIIJmioの回線を借り受けてサービス提供していますが

IIJmioはインターネット黎明期からネットワークインフラを構築している老舗なので

通信回線の安定性が極めて高いんです。


さらには格安SIMの価格破壊を推し進める両社なので月額料金も最安値だったり

値下げにも積極的なのでいつでも格安な料金で格安スマホが使えます。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。